2015年 07月 28日

【DB7】乗る=バラす

e0159646_152241.jpg


人馬一体ツーリング後。まるでオフ車のような姫のお姿。

水をかけて念入りに洗車はしますが、それだけでは汚れを完璧に綺麗には出来ません。

なーのーでー

e0159646_1543118.jpg


まずは、タイヤを外して入念な清掃。

e0159646_155388.jpg


ステンレステープを巻いたカラーは問題無しですね。
ちなみにココの件ですが、やはりカラーはあったほうがいいですね。ゴムに対しての接触面積は大きい方が、負担が少ないですし、力の伝達効率も良いのではないかと思います。

e0159646_234551.jpg


サイレンサーも外して磨きます。
まぁ、外さなくても手は届くのですが、

e0159646_244557.jpg


こっちが外せれないもんで(笑)

e0159646_253131.jpg


リアショックユニットとリンクアーム。
この辺は外さないとまともに磨けないのです。
しかも、

e0159646_264887.jpg


ダンパーボトムのスフェリカルベアリングは水が溜まりやすいですし、

e0159646_274838.jpg


リンクアームのスフェリカルベアリングは、ボールがむき出して錆びやすいのでキチンと給脂しなければなりません。

それ以外にも、ロアアームのニードルベアリングや、スイングアームピボットのベアリングも要注意です。
とにかく、DB7姫のリアサスペンションは、念入りに念入りに手入れをした方が『吉』。
まぁ、あとは来年辺りボルト全部新品にした方が良いかもしれないですね。

姫のパーツは一つ一つが良い物なので、バラすのがとても楽しいのです。
乗るだけでは勿体無い!

by tm144en | 2015-07-28 02:17 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】エクストリームテック...      グリース >>