2015年 07月 20日

【DB7】乗り出し準備

さーて、乗り出しに向けて準備します。

まずは、

e0159646_2032778.jpg


ハブダンパーのカラーから。
これ、ゴムがヘタレて隙間ができていたので、

e0159646_20333219.jpg


とりあえず、カラーにステンレステープを巻いて隙間を塞ぐことにします。

e0159646_20345434.jpg


たまたま転がってたステンレスのテープ。長さを測ると、ピッタリ残量分じゃぁ、あーりませんか!
こうなると、1ミリも(ってことはないが)無駄に出来ませぬ!

e0159646_20371252.jpg


カラーの幅にしっかり合わせて、切り取ります。

それから、指を切らないよう慎重に巻きつけていきます。

e0159646_20383334.jpg


6個とも完成☆

e0159646_20392286.jpg


ダンパーにもピタリとハマり、ベリーグッ!
もはやこのままでいいんじゃないのか?と思ってしまう程。

次に、車高調節のエキセントリックカムの目盛りを見ると、なんと左右で違ってるじゃぁありませんか!

e0159646_20405737.jpg


たぶんこれは、トップのボルトを締め込んだ時に、カムも共回りしてズレたのでしょう。
落ち着いて考えればわかることですが、いかんせんチェーンアジャスターもまともにつけれない精神状態でしたので、こんなことになってしまいました。

正しい手順としては、クランプ及びショックのトップボルトが緩んでる状態でまず、

e0159646_20442671.jpg


左右のカムの位置を揃えます。カムの穴に大きめのマイナスドライバーを差し込むと回せます。
が、多少キズが付きますね。
バランス的に、最低車高の位置が安定します。

次に、

e0159646_20463862.jpg


クランプを締め、カムを固定します。

そしてから、

e0159646_20481078.jpg


トップボルトを規定トルクでしっかりと締め込みます。
これで完了。
あとはクランプを緩め、車高を調節すれば完成。(車高の調節は、トップボルトを回せばカム回ります)

e0159646_2052667.jpg


さぁ。準備は整った。

それじゃぁ、




寝ようか

by tm144en | 2015-07-20 20:52 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
Commented by eiji at 2015-07-21 21:18 x
アルミテープは駄目でした、10キロメートル走行が限界でした。
今はカラーが新作なので大丈夫ですが(笑)
Commented by tm144en at 2015-07-22 01:46
新作カラー良いですね!
実は、ゴムの内径を小さくするより、カラーを太くした方が良いんじゃないか説を考えてました。
ゴムに対しての接触面積が大きい方が、クッション効果が減る分ダイレクト感が増えるのではないかと。

ハブダンパーでこんなに悩むとは思いませんでした(笑)


<< 【DB7】人馬一体ツーリング 実況編      連休 >>