2015年 05月 26日

【DB7】バッテリーケース加工(前半)

e0159646_7521956.jpg


さて、リチウムイオンバッテリーを使用するにあたって、『少々』バッテリーケースの方を加工します。
純正で採用されているバッテリーへの振動対策が、穴にゴムを差し込むだけというシンプルな構造でしたので、せっかくですからそのままそれを引き継ぐ形をとることにします。

ちなみに、バッテリーケースは、M6のスクリュー2本だけで前シリンダーに直接固定されていました。

e0159646_755197.jpg


まずは、リチウムのサイズをケースにマーキングします。

その後、要所要所に7mmの穴を開け、ゴムをハメていきます。

e0159646_759357.jpg


なんか、ピップエレキバンみたい(笑)

e0159646_804330.jpg


これでバッテリーのコリもほぐれるかな?笑

ーーーーーで、手前と右側に関してはスペースが余るので、

e0159646_821843.jpg


バッテリーを買った時についてきたスポンジを詰めます。

「スペースの有効りようは?」という声が聞こえてきますが、それは右から左に受け流します。

ひとまず、取り付けに関してはこれで良しとします。

ただ、ここでやめておけば良いものを、、、(後半へ続く)

by tm144en | 2015-05-26 08:06 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】バッテリーケース加...      【サンバー】プラグ交換(388... >>