2015年 05月 01日

【DB7】配線再考察

さてDB7の配線ですが、とりあえずある程度の形になったところで、一旦頭の中から消し去りました。
それは、K1のリアダンパーに集中する為でもありますが、なにより『新しいひらめきを得る為』であると言えます。

そもそも、私が最初に思い描いていた形に一応はなった訳ですが、実際に見てみるとどうもなんか違う、という印象を受けたのです。
なんとなく釈然としない。

そんな気持ちのままマシンを組み上げる訳にはいきません。

釈然としない時は、一旦頭からそのことを排除すると、後日改めて見た時にひらめきが降臨してくるものです。

そして、、、

e0159646_3443595.jpg


ひらめいた☆☆☆

チャレンジ用に購入したリチウムイオンバッテリーを、DB7でも使おうと考えました。
そのリチウムイオンバッテリーのあまりの小ささ、省スペース化をまざまざと見せつけられた時、ひらめいたのです。

「ECUを移動できんじゃね!?」

e0159646_3481649.jpg


現在バッテリーは車体の左、ECUは右に位置しています。
この、右にあるECUを左のバッテリーの位置に移動したらどうだろうか?ということです。

バッテリーがコンパクトになったことで、その空いたスペースにECUを置くことが可能になります。

そうすることで、

e0159646_351882.jpg


車体の左から右に移動する、ごっつい配線の束を一掃することが出来るのです。

う〜ん。。。うまくいくかなぁ〜。。。

by tm144en | 2015-05-01 03:57 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
Commented by Tomop at 2015-05-01 09:47 x
素晴らしい。そう言えば、以前1199パニガーレのレース車でバッテリー位置が左から右に移設してある写真をみましたがそういう理由だったのですね。前項の教訓も大変共感しています。
Commented by tm144en at 2015-05-02 04:06
、、、と思ったんですが、これに関してはちょっとむつかしそうでした(苦笑)

でも、せっかくの有効スペースですから、なんとか上手に使えないか模索してみます!



<< 【DB7】閃き不発      【チャレンジ】ブツ届く >>