2015年 02月 12日

【DB7】迷路と配線

子供の頃、『迷路』を書くのが好きでした。A4位のまっさらな紙が、真っ黒になる程の『迷路』。道幅は、手書きなのでバラツキはあるものの基本的に1mm位。

一見しただけではとても複雑に思えても、よくよくしっかりと道筋を辿れば、いずれゴールに辿り着くことが出来る。

今やってる『配線』と共通するものがあるように思えてなりません。

======

さてさて、

e0159646_44824.jpg


ライトリレーやヒューズボックスから延びてくる電源供給の配線の束も、チューブに通します。
チューブを通せない部分に関しては、

e0159646_4815.jpg


ハーネステープを巻きました。

今回、無駄と思われる配線を徹底的に排除した結果、このように1本だけヒョロ〜と延びるシチュエーションが増えてしまいました。
これはこれで美しいものではありませんので、無駄と思われるような取り回しでも、実はシンプルに纏まっていたんだなぁと改めて感じることとなりました。
それによって配線は太くなりますから、どこに『美学』を持って来るかで、話も変わってはくるのでしょう。
まぁ、今回はもう後戻り出来ないので、「配線の細さこそ美学っ!!」と言い張るしかないでしょう(笑)

e0159646_4141234.jpg


ECU等と繋がっている、最初かなり太かった配線はテープで平べったくする方法を使い、

e0159646_4164578.jpg

バッテリー付近から、

e0159646_4162013.jpg

フレーム裏をペターっと渡り、

e0159646_4173054.jpg


メーターパネルの隙間にスッと通すことが出来ました。

e0159646_4181851.jpg


左スイッチボックスからの配線と合わせ、電源供給線等全てを奇麗に通す事が出来ました。

ハンドルの切れ角で若干気になる部分はありますが、まぁ、マァマァいいんじゃないでしょうか?というか良いということにします。もう、ここ通すって決めちゃったんで!

by tm144en | 2015-02-12 04:25 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】まだまだ続くよ配線よ      【DB7】配線ラストスパー、、、 >>