2015年 01月 29日

【DB7】RUN配線の謎

e0159646_231466.jpg


さて、こちらのRUN配線。スイッチボックスから2本出て来てるのですが、一つにまとめられています。果たしてどういうことなのでしょう。

e0159646_2401268.jpg


さっそくバラします。

e0159646_2395757.jpg


こちらがRUNスイッチ。というか、緊急停止スイッチ。ホーンスイッチの様に、押しても自動で戻ってくるタイプのスイッチです。

ON-OFFのスイッチであるハズですが、配線が4本出ています。
そのうち、青い線の2本が、結果的に1本に纏められているわけですが、黒黄線が実は、

e0159646_2443734.jpg


使用されてないんですよね。

この意味不明な状況がどういうことかと言いますと、

①スイッチに触れてないーON
 スイッチを押すーOFF

②スイッチに触れてないーOFF
 スイッチを押すーON

の2系統に対応出来るスイッチなのです。要するに汎用品故の構造。
DB7の場合は①の方なので、②の系統の配線はイラナイ訳です。

したがって、

e0159646_2485444.jpg


こうなる運命に。

e0159646_2505592.jpg


これでまた無駄な配線を省く事が出来ました☆

さて、

e0159646_251585.jpg


この配線の被覆の部分ですが、配線が2本減った事もありユルユルになっているので

e0159646_2525688.jpg


バラして、

e0159646_253680.jpg


先日ゲットした黄色い熱収縮チューブに取り替えることにします。

e0159646_2533271.jpg


配線に通し、

e0159646_2553899.jpg


収縮させます。
お☆イイネ〜♪

e0159646_2563828.jpg


赤いフレームに、敢えて目立つ黄色い配線。
でも、ちょっと短かったデス(涙)

by tm144en | 2015-01-29 02:58 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】セルスイッチの信号線      【DB7】配線没頭 >>