2014年 12月 02日

【DB7】やるぜ!!スイングアームピボット修正(その1)

よっしゃ!やんぜ!!

e0159646_240332.jpg


スイングアームピボットのズレを修正します。

私なりに色々、熱するか否かのメリット、デメリットを考えた結果、冷えた状態で修正する事に決めました。

鉄に塑性変化をさせるにあたって、熱を加えた方が内部歪み等の観点で良いのですが、今回の場所はベアリングのハウジングの場所であるというのが一番のネックになりました。
クロームモリブデン鋼は500℃程度までは強度を保つ性質があるので、熱するならそれ以上の温度にする必要があります。
やるならやはりオーステナイト化する911℃が目標でしょうが、ここまで来ると寸法の変化が起こるとのことで、しまりばめしているベアリングのハウジングのしめしろが変わってしまいます。
軸を合わせたとしても、ベアリングのしめしろに変化が起こってしまったのでは本末転倒。

それに、その場合今入ってるベアリングを一旦抜く必要がありますが、ニードルベアリングのはめあいは非常にキツいので、度重なる交換はハウジングを痛めることになります。
以前一度交換してるので、出来ればもう二度と外したくはないというのが本音です。
それに、オイルシールが1個5000円するのも地味に痛い(涙)
だからこそ、頻繁にグリスアップしたいのですが、ピボットシャフトがコレではやってられない。

また、そもそも温度計を使用したとしても、焼き入れ焼き戻しの温度管理を完璧に出来る訳では無いので、500℃脆性などの失敗をしてしまう可能性も十分にあります。

逆に、冷えた状態でやることでのデメリットは、塑性変化させるだけの力を加える際、その力を加えてる箇所の変形等が懸念されるという点があります。(コメントで指摘して頂きました。)
まして今回の場所はなかなか難しい場所です。

しかし、もし仮に冷えた状態のまま修正出来たとしたら、ベアリングやハウジングへのダメージも無く、クロームモリブデン鋼の材質変化等の懸念も無くなります。

以上の事から、冷えた状態の方がコストやリスクが低いと考えました。
と、いうか、やっぱ熱するのはちょっと難易度高いっす(笑)


そんな訳で、

e0159646_3153557.jpg


L字の鋼材を購入。
はい。フレーム修正機を作ります。

軸の先端でおよそ2ミリのズレですから、修正する角度は僅かコンマ何度の世界でしょう。
「せいや〜!」で修正出来るものではないので、出来るだけ正確に、『徐々に』力を加える必要があります。

さらに、かなりの力が加わりますので、フレームの固定方法も重要です。
今回、ピボットベアリングがあるので、シャフトを通してやれたら随分楽なんでしょうが、ベアリングに負担が掛かってしまいますからやはりそれは駄目でしょう。

また、ベアリングを抜き取らずにやりたいので、今のままの状態でピボット部分をしっかりと固定する方法を取る必要があるのです。

そこで、このL字の鋼材を使用します。
この辺の強度も重要なので、出来るだけ厚みのある物を選びました。

これを、

e0159646_3254136.jpg


カットします。
いやぁ〜、切るのも一苦労!

e0159646_3265777.jpg


10Aの契約しかしてないので、ちょっとでも負荷を強くすると、ブレーカー落ちる落ちる!

e0159646_329288.jpg


40分掛かって、ようやくこの2つを切り出しました(滝汗)
耳が、もうキ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ンって。

で、これに、

e0159646_3303963.jpg


穴を空けます。
穴空けはすんなり。フンパツして新品のドリルを使用したのでボリボリ掘る事が出来ました♪

これを、

e0159646_332783.jpg


こんな感じに固定しようとしてます。
アルミのカラーでピボット部分を挟み込み、L時の鋼材もろとも貫通ボルトでガッチリ締め付けます。
それをエンジンジャッキのフレームを利用して固定します。

L字の鋼材の位置を決めたら、

e0159646_3362551.jpg


エンジンジャッキの方にしっかりと固定します。

e0159646_3372376.jpg


ピボットの修正する向きをしっかり(?)と計測し、

e0159646_3374277.jpg


それを基に、角度を調節しスイングアームを固定させます。

e0159646_3393388.jpg


どうでしょう。

e0159646_340520.jpg


思いつきでやったにしては、なかなかしっかりイイ感じで固定されてます。試しに手で左右に揺すってみても、びくともしません。

と、いうか、この『びくともしない』レベルに今からとんでもない力を加える訳ですから、、、

ちょっとビビるナァ。。。


続きは明日っ☆

by tm144en | 2014-12-02 03:43 | BIMOTA DB7S | Comments(4)
Commented by babu at 2014-12-02 10:31 x
その状態で力を加えるとベアリングを納めているハウジングだけが変形しそうな気がします。
上手く出来るとよいのですが、、、ちょっとハラハラしながら記事を読んでいます。
Commented by ノーベル田中 at 2014-12-02 18:05 x
家が近所でしたら
ウォーメイスやら
”バールのような物”を
持参でお伺いしたいですが残念です。
素敵な結果を期待しています。
Commented by アホアホ隊1号 at 2014-12-02 21:58 x
うーん・・・・・・・・
やめといた方がいいんじゃねーかなー(^-^;
Commented by tm144en at 2014-12-03 03:11
babuさん

今回の感じではとりあえず大丈夫そうでしたが、これ以上力を掛けるとどうなるかは判りません。
私もハラハラしながらやっております(笑)

ノーベル田中さん

こ、壊される〜(笑)

アホ隊1号士君

いやいや、やめられない止まらない!
これを乗り越えてこそ、真のビモータ乗りであります☆


<< 【DB7】やるぜ!!スイングア...      【DB7】INA?スフェリカル... >>