2014年 09月 14日

【DB7】リアアクスル廻り測定

e0159646_4464169.jpg

(*実測の為、誤差あり。)


各部を細かく測定して気がついた事ですが、右側のベアリングをハウジングの奥まで入れると、ブレーキディスクとキャリパーの中心がズレるということが判りました。

キャリパーは対向2POTなので、中心のズレは単純にピストンの押し出し量で調節されるので、問題はありません。
しかも、ディスクはセミフローティングなので、尚更。

妄想としては、ベアリングの下に0、3ミリのシムを入れればピッタリ合う計算になります。
ただ、リアタイヤのセンターは、フロントに対してどの位置にいるのかは今の所不明。

by tm144en | 2014-09-14 04:54 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< サブだいちゃんガレージ補強(その1)      固定側軸受と自由側軸受考察(その2) >>