2014年 07月 08日

【DB7】帰還

さて、一晩考えて、やはりDB7は私の手で直さねば!という考えになりました。
電気系のトラブルなので、私の不得意分野極まりないのですが逃げてばかりもいられません。

というわけで、899を返しに行きDB7を奪還してきます。

e0159646_23591860.jpg


自作アオリ保護板☆
オフ車以外のカウル付き重量車を積む際、荷台への斜め積みは手間が掛かる上、縛るのも苦労します。
真っすぐ積めば、積み降ろしもし易く縛りも均等に出来るのですが、この場合後ろのアオリを閉じることが出来ません。その状態でマシンを縛ると横のアオリが曲がってしまうので、それを防止する為の板という訳です。これがあれば、アオリが曲がる事もなく、尚かつマシンのよりいっそうの固定にも繋がります。これなら、モントークでもK1でも難なく積む事が出来るでしょう。

e0159646_073134.jpg


さて、おそらく一生に一度であろうルームミラー越しのパニガーレフェイスを眺めながらのドライブ。

e0159646_08765.jpg


無事、愛娘を連れて帰ってきました。
で、早速、

e0159646_091264.jpg


脱がせます。

e0159646_093729.jpg


プラグは注文してあるのですが、とりあえす火が飛んでいるかを確認してみます。
ところが、

e0159646_0111380.jpg


そこそこの種類のプラグソケットは持っていたのですが、ドカの1098用のサイズはありませんでした。
あちゃー、外せねぇやーと諦めモードになりましたが、車載工具の存在を思い出しました。

e0159646_0121795.jpg


おうおう、あったあった♪

では、早速、、、

e0159646_0132253.jpg


、、、ん?緩んでた?

いや、サイズ違う(笑)

どうゆうことやねん!!

by tm144en | 2014-07-08 00:14 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< ゲンゲ、セーヨー、アンカー      【DB7】ドカ札ーリング、、、が? >>