2014年 05月 25日

シュアラスター ゼロウォーター

e0159646_18111332.jpg

e0159646_18113256.jpg


本日は洗車デイ♪
指もげるまで磨くでぇ〜!!

さて、タイトルにもあります通り、

e0159646_18125690.jpg


シュアラスターの
ゼロウォーターというのを試してみます。

元来、固定観念の強い私は、ワックス掛けと言えばシュアラスターの固形ワックス以外認めてませんでした。
とはいえ、それはそれで何の問題も無いというか、必要十分な効果を感じていました。

しかし、時は流れ、果たして今も尚『カルナバロウ』こそがトップオブコーティング剤なのでしょうか?
そんな感覚を抱き始めたのがF4に乗り始めた一昨々年頃でしたが、時を同じくして『ガラスコーティング』なるものをちらほら小耳に挟むようになっていました。
それは、車のフロントガラスのそれではなく、ガラス『で』コーティングというもの、らしい。
すごい奇麗になる、らしい。

何となく気になってはいたものの、なんとなくその頃からバイクと『ちょっと』疎遠になったりもして、結局試すこと無く今に至りました。

そこで、ちょうどDB7とモントークを洗車するタイミングになったので、せっかくだから『ガラスコーティング』なる物を試してみることにしたのです。
そう思い立ったのは、単なる好奇心だけではなく、『あの』信頼のシュアラスターから発売されていたことが大きな決め手にもなりました。

箱を取り、成分が『電荷水、天然無機ガラス成分』となっていることで『ガラスコーティング』の信憑性を伺わせたが、大事なのは『作業性』である。

e0159646_18325088.jpg


洗車後、水で濡れたまま塗るのでよいと書かれていたが、それでは作業性が悪いと判断し(後述)、ある程度乾いてから塗ることにした。

固形ワックスの手順でいけば、スポンジで塗り→タオルで拭き取るの2工程となるが、どうやらこのコーティング剤は直接吹き付けて、あるいはタオルにスプレーして拭き取るだけで良いそうだ。
確かに手順だけは簡単だが、そんな商品はゴマンとある。大事なのは仕上がりである。

ちなみに今回使用したタオルは、タオルとい言うよりはネル状の柔らかい物で、ワックスの拭き取り用に使う物で、吸水性は殆ど無い。作業工程を考えて、ボディーをかなり擦るので当然柔らかいものの方が良い。従って、水で濡れた状態では作業が出来なかったのである。

早速フェンダー部分にスプレーを吹き付けて、吹き上げてた。そして愕然とした。

「あ〜あ、やっぱし。。。」

値段もそんなに高い物では無いし、成分が『電荷水、天然無機ガラス成分』だけという部分で予想もしていた。『はじく』のである。それはもう、水そのものを扱っているかのような感じで、拭いても拭いても『拭きムラ』が出るのである。固形ワックスを塗り込んでいる『あの』感覚とはほど遠い。
当然、表面に馴染んでる様子も無く、これでコーティングなんて持っての他、、、

、、、

、、、と思っていた矢先だった。

突如、「スーッ」と拭きムラが消え、まるでフェンダーの表面に吸い込まれていったかのようであった。
呆気にとられながらも、再度同じ行程を踏んだ。やはり最初ははじく。しかし、続けて擦り続けるとその内「スーッ」と吸い込まれていった。

そして、本当に驚いたのはその後である。

「お、おおぉ!」

なんという輝き!深みがあり、メタリックの粒一つ一つが浮き出てくるようで、それでいて重厚な手触り感は金属をも彷彿とさせる。
しかも、同じ場所に重ねれば重ねる程に厚みを増していくようで、固形ワックスには無い感覚である。
しかも、虫の痕などの洗い残しも奇麗に取れてしまう。あまりやれば傷になるおそれもあるが、手加減しながらやれば、ある程度の汚れならそのまま拭き上げできてしまう。カークリームなどの石油系溶剤程の効果ではないが、そもそもそういう溶剤が入っていないのだからボディーへのダメージを考えれば断然上である。

しかも、スクリーンのアクリルや、ミラー、メッキ、プラスチック部分など場所を気にすること無く使えるので、これ以上の使い勝手はないだろう。

e0159646_1965380.jpg


以前に塗ったワックスが表面に残っている状態であったが、気にすることなくそのまま使用出来た。
一つ気になるのは、固形ワックスの時のように『拭き上げる』というよりは、タオルで『塗り込む』というような感じになるので、力加減や、タオルの状態、表面の汚れに注意する必要がある。
あと、水の弾き方もシュアラスターのスーパースターような水がコロコロ転がり落ちるような感じではありません。イメージ的にはマンハッタンゴールドのような『艶重視』という印象を受けます。
ただ、なんか表面の皮膜が、ガラスで出来た非常に強固なもので出来ているような感じを受けるので、これは今後しばらく様子見といったところでしょう。なんせ、どんなに良くたって、すぐはがれちゃうようなものだったら、意味ないですからね。

でもとりあえず、初使用の感触はとてもすばらしいものでした。

by tm144en | 2014-05-25 19:21 | BIMOTA DB7S | Comments(1)
Commented by マチョ鍋 at 2014-05-29 21:23 x
ちわ〜

ゼロウォーター選んだ理由が全く同じでワロタ。似たようなのいっぱい出てるけどシュアラスター以外は買う気がしませんよね。

smartに数年間ゼロウォーター使ってますけど毎回施工しなくても艶が維持されてるから楽ですよ。

最近高級バージョンが発売されたんで今のボトル使い切ったらそっちに変えてインプレします( ゚∀゚)ノ


<< 豚トロ      かめら >>