2013年 10月 04日

【DB7】ブレーキ清掃&液交換

まぁまぁ充実の2連休を過ごしました。

=======

e0159646_1543557.jpg


まずは、最初っから決めていたDB7のブレーキ廻りをやっつけます。
今シーズン、「あ、乗ろうかな!?」と思った時は多々あったのですが、いかんせんブレーキ液交換してねぇーなーというのがあったので、イマイチ乗るのが躊躇われていたのです。
まぁ、交換してないと言ったって、問題あるか、無いかで言えば限りなく『無い』に近いレベルですけど、それは『実用』としてのバイクなのか、『趣味』としてのマシンなのかで考え方も変わってきます。

まぁね。今の私の身分で、『趣味』なんつー大それた事が許されるのかって話もありますけど(笑)

まぁ、それはさておき。

e0159646_1547580.jpg


さぁ、やろうと思った矢先、、、

なんか、やり辛い。
このマシンスタンド、ガレージ内でのマシン移動としての役割で考えたらとても重宝するのですが、『作業台』として考えると、ちょっと使い勝手が悪い場面もチラホラ。
フォークのアンダーブラケットで支えているので、ハンドルが切れないのです。

じゃぁ、と今まで通りエンジンクレーンで軽く吊った状態でやろうか、、、と思ったのですが、ここで突然『ある野心』が沸き上がってしまったのです。
それは、前々から欲しいなぁと思っていた、バイク用のリフトアップ作業台。せっかくの広い作業スペース、しかも頭上の余裕もかなりあるので、リフトアップする作業台欲しー欲しー病に掛かっていたのです。
ネットで、40000円位の安物が買えるので、う〜んと思っていたのですが、イマイチ二の足を踏んでいました。

それを今回、「ヨシ!作ろう!!」と思い立ったのです。

e0159646_1556629.jpg


まぁ、手作りでのリフトアップ式はちょいと骨が折れ過ぎるので、単純に地面よりちょっと高いだけの物にします。リフトアップ式の『カッコ良さ』にも憧れますが、まぁ、それはお金に余裕が出来てからってことで。

、、、とは言うものの、買って来た木材、しめて12000円しましたので。。。
廃材貰ってくるっていう『手』があるのは知ってましたけど、いやぁ〜『今』だったんですよねー。
この待ちきれない気持ち、『若さ』ですよねー(笑)
若く無い『若さ』は、アレと思いますが。。。

ま、それもさておき、

e0159646_1611286.jpg


ちょちょいと切って、

e0159646_1615585.jpg


はい、完成☆

だが、ちょいとオーバークオリティー過ぎました。大事なマシンを乗せる台ですから、強度に充分な余裕があるのは別に良いことだと思いますが、角材を3本並べるんじゃなくて、『H形』にするので充分でしたね。バイクしか載せない訳ですから、タイヤのライン上の1本と、前後端の短いの1本ずつ。その設計なら角材を2本も買う必要が無かったですね。1本3000円(涙)
木材屋さんで即興で考えた設計だったので、失敗しました。
でも、まぁ、『壊れるかも知れない』方の失敗ではないから、ヨシとしましょう。使っていくうちに、また改良点も出てくるだろうし。
というか、本日のメインは作業台作成ではなく、DB7のブレーキですから!!!

ということで、

e0159646_169563.jpg


早速始めます。

始めるに当たって今回、新兵器を導入。

e0159646_16102156.jpg


フックスのブレーキラバーグリス。ブレーキ液との親和性もあるとのことで、キャリパーピストンのシールに使ってみることに。
ただグリスなので、汚れ落としには使えませんでした。汚れはいつも通りシリコンスプレーで。

e0159646_16134813.jpg


前回掃除してから1000kmも走ってませんが、汚れはやっぱ溜まってますねぇ。てか、2年振り!!

e0159646_16175047.jpg


パッドもお掃除。

今回使用したブレーキ液ですが、

e0159646_16201236.jpg


トタル製。なんで、っていう理由は特に無いのですが、クルムスさんにたまたまあったので、面白そうだから使ってみようかな、って感じです。
でも、ちょっと古そう。。。

e0159646_16214538.jpg


色が、なんか褐色が強過ぎるような。。。いつも使ってたモチュールのはもっと透明感があります。
ブレーキ液なんか実際、ブランドで性能がそんなに変わることは無いと思ってましたけど。。。。
うーん。

あ、でも、心なしか、消泡性が高いような気がする。気のせいかな?

ま、いいや(笑)
フェードしたら、その時で(笑)

ーーーーーさて、ここで手順のおさらい。
とは言っても自己流です。カンッッッッペキにやるんなら、こうだよなー、という自分的考察によるものです。

========

キャリパーを外す

パッド類を外す

パッドはパーツクリーナーと真鍮ブラシで磨く

ピンに段付き、腐食があれば真鍮ブラシかペーパーで均す(ヒドければ交換)(今回のフロントはピン無し)

パッドスプリングはメッキが掛けてあるので、汚れを拭き取るだけ

マスターの蓋を開ける

蓋、ベローズをしっかりと拭き取る(ホントは水洗い)

マスターをポンピングし、キャリパーピストンを少し押し出す。

ピストンの汚れを落とす

ピストンを全て押し戻す

キャリパー全体の汚れを落とす

もう片側も同じ手順で進める

キャリパーピストン引っ込んだ状態で固定する

マスターリザーブの液を新品に交換する

マスターのバルブから液を交換する(通すだけ)

キャリパーのバルブから液を交換する(通すだけ)

パッド類を組み付け、車体に取付ける

レバーに圧が掛かるまでパッドを押し出す

マスターのバルブからエア抜き

キャリパーのバルブからエア抜き

マスターリザーブにブレーキ液を適量入れ、蓋をする(蓋の隙間から少しでも滲んだら、外してやり直し)

バルブの穴に残ったブレーキ液を綺麗に洗い流す

キャップをして終了

==========

こんな感じかなー。
うーん。でも、ちょっと『しこり』があるんですよねー。
ブレーキ液をただ通してるだけの時。このタイミングで出来ればエア抜きをしたいのですが、キャリパーピストンを引っ込めたまま『完璧に』固定する事がイマイチ出来ないのです。というのは、例えばよくあるピストン戻しで固定しただけでは、レバーの圧力に負けてしまうのです。ピストン広げた状態で文字通り『ピッタリ』キャリパーの隙間にハマる、とても硬い金属があれば良いのですが、なかなかそれが見つからない。いつかの日か、ジュラルミンかなんかの塊拾ったら、キャリパーごとのサイズに削り出したいなーとは思っているのですが。。。

さて、いかがなもんでしょうね。まぁ、やり過ぎな気もしないでもないですが、どう考えてもピストンを押し戻さないブレーキ液交換なんて気持ち悪くて仕方が無いし、対向ポッドは、過去にベータのAJPのキャリパーでピストンを押し戻したままの状態でエアー抜きしないと、絶対エアーが抜けないという経験をしているので、心配性になってるんですよね。
とはいえ、レバータッチがしっかりしてれば『問題無い』のですが、私は『問題が無い』という言葉がキライなのです。
まぁ、それだけ機械を『解ってない』と言われればそれまでなんですが。。。

で、リアキャリパーですが、

e0159646_1743191.jpg


バルブが下にあるので、

e0159646_1657188.jpg


外してこんな状態でやります。
リアは対向2ポッドなので、ピストンを戻した状態にブレーキパッド等をはさみ、残りの隙間をフィラーゲージで補うという方法で、このままエア抜きをしました。
え、だったらフロントもそれで出来るじゃんって?
いやー、なかなかそうもいかんぜ。DB7の場合、フロントはホースの自由度が無いので、フォークから外した状態で、エア抜きの為のバルブ操作をするのは至難の業です。上手い事固定出来る専用台みたいなのを造ればいいのでしょうけど。

ちなみに、リアは分割式なので、挟め過ぎ、圧の掛け過ぎには注意が必要です。

キャリパーは、こまめに掃除すれば綺麗な状態をちゃんと保てるので、一回当りの清掃の手間は割と簡単に済むんですよね。汚れの拭き取りは、基本的に『シリコンスプレー』と『タオル』のみですから。

で、今回、パッド類の組付けに一切グリスを使用しないで、シリコンスプレーを軽く拭くだけにしました。(ピストンのシールのみ)
というのも、やはりグリスというのは考えもので、これが汚れを呼ぶというのがあるからです。キャリパーに限らず、私はアチコチでグリスをよく使うので、最近「ちょっと考えものだなー」と思っていたのです。

でも、パッドとピストンの当り面はまぁいいとして、パッドとパッドスプリングの当り面とか、キャリパーとの当り面は、完全脱脂だと動きが渋くなって、微妙なタッチに影響するんじゃないかな〜〜〜〜〜、、、、というギリギリの中で、『シリコンスプレー』という妥協点に今回はしました。

あと、これはいつもですが、キャリパーは基本的にシリコンスプレーでコーティングしてます。吹き付けて拭き上げるってことです。完全脱脂してしまうと、汚れの付着がヒドくなる様な気がするので。
あと、ディスクとかもしばらく乗らない様な時はシリコンスプレーしちゃいます。

整備業界での常識からすれば、「ブレーキ廻りに油類なんて!!!!」ってなると思いますが、まぁ、これぞ個人整備の強みです。
趣味の物である以上、キタナイのはイヤなのです。
それに、自分でやって、自分で解ってるので、乗る時にちょっと気をつければ良いだけですし、シリコンスプレーの皮膜程度なら、すぐに落ちます。

まぁ、今までそうやってきて、別に『問題無かった』ですけど。。。

by tm144en | 2013-10-04 17:23 | BIMOTA DB7S | Comments(3)
Commented by db8996 at 2014-02-18 20:55 x
バイクスタンドですが、どこのメーカーなのでしょうか?
Commented by tm144en at 2014-02-19 12:31
イタリアのメーカーだったのですが、今はもう製造されていないのです。というか、販売もほとんどされていなかったはずです。
お力になれずすみません。
Commented by db8996 at 2014-02-19 17:32 x
ご回答ありがとうございます。 
ううう・・・欲しかったなあ。


<< ありがとう、husaberg      ゴキ、、、 >>